無限の可能性に向かって進化し続ける教育

グループ会社のご紹介

ワールドクリエィティブエデュケーショングループは、グローバル教育の国際ハブであるシンガポールにて、最新のグローバル教育情報を内外に発信しています。

オービットアカデミックセンターでの海外子女教育を通して、日々、集積、更新される国際教育カリキュラム情報や世界のグローバル教育の動きをCEO後藤敏夫がいち早くキャッチ、分析、研究して、広く皆さまに提供し続けています。

子供たちの可能性を宇宙の無限軌道(オービット)になぞらえ、子供たちの豊かな未来を創造するための「知の探究」にいざなうことが私たちの原点です。

オービットアカデミックセンター

オービットは「合格だけを考える」のではなく、「合格後も考える」海外子女専門進学塾です。論理的思考・表現力を養成する『PISA型学力観』を指導方針の中心に据え、各種リテラシーの習得を意識した探究的アプローチにて生徒の指導を行っています。 特に、言語リテラシーの習得として、母語を基本に置きながら『アカデミック英語』の習得に力を入れています。

30年以上の取り組みの中で、多くの卒業生が巣立ち、グローバル社会の最前線で活躍しています。これが海外子女専門進学塾オービットの誇りです。

オービットアカデミックセンター

後藤敏夫のグローバル教育コンサルティング

グローバル教育コンサルティング
World Creative Education Pte Ltd

ワールドクリエィティブエデュケーショングループ代表の後藤敏夫の時代を先読みした教育コンサルティングは生徒保護者のみならず、教育機関/関係者の間で高く評価され、長年、安定した支持を得ています。
教室現場では、創業当初から『PISA型教育』『アカデミック英語教育』を実践的に取り入れています。同時に、インターナショナルスクールの中等教育カリキュラムに関する知見やオーストラリアの大学のオフィシャル広報エージェントとしての幅広い経験や知識を集積しながら、教員研修会や学校管理職へのコンサルティングや研修会を数多く提供しています。傍らで、世界大学QSランキングの分析や解説をライフワークとして執筆しています。

後藤敏夫のグローバル教育コンサルティング

CEO後藤敏夫のご紹介

CEO後藤敏夫のご紹介

後藤敏夫 略歴

横浜出身。上智大学経済学部卒業。1990年香港にて日本人海外子女のための進学塾を創業。以来、海外の教育事情、国際カリキュラムを広く研究し、2006年から日本の教育の国際標準化、英語教育の発展のために、教育法人/団体を対象にした教育コンサルティングに注力している。「後藤敏夫のグローバル教育情報」としてニュースレターの発信をライフワークとしている。

講演会/研修会/コンサルティング 履歴

2011年~2014年
「世界を席巻するIB教育」
「シンガポールにおけるIB教育」
「グローバル時代の中等教育のあり方とは~求められる学力観」
「グローバル時代の戦略的大学選択~国際併願の奨め」
「英語4技能化がもたらすもの~21世紀型の進路選択」
「世界標準のスタディスキルとは-PISAの紹介」

2015年~2021年
「G型女子進学校のかたち~21世紀の女子教育を考える」
「CLILとは~アカデミック英語教育」
「海外大学・国内グローバル型大学(SGU)国際併願の奨め」
「正規留学生募集のためのアドミッションポリシー」
「海外の大学進学課程の研究」
(一部抜粋)  

主なコンサルティング先

私立中学高校 多数 1993年~現在
立教大学 2017年~2021年
国際基督教大学 2016年~2017年
武蔵野大学 2012年~2016年
立命館アジア太平洋大学 2010年~2015年
クィーンズランド大学 2004年~2018年
グリフィス大学 1999年~2016年
オーストラリア国立大学 2013年~2016年

後藤敏夫のグローバル教育情報

ニュースレター

  • グローバル教育コラム  
    AIの知的営みと人間の創造性

    新春特別稿 第2弾近未来に迎える「シンギュラリティ(技術的特異点)」技術革新が天文学的発展を続けることで 2045 年頃には「コンピュータが人間の知性を凌駕(...

  • グローバル教育コラム  
    ポストパンデミック時代のグローバルコンピテンシー

    改めて問われるグローバルコンピテンシーCovid-19 は3年もの間、困難とその克服の時代の陥穽(かんせい)へと人類社会を追い立ててきました。広範囲な疫病蔓...

  • グローバル教育解説  
    シンガポールの大学

    Covid-19の影響はグローバル教育においても大きな影を落としています。特に、国境を越えた移動の制限は学生ビザの発給や発給後の入国制限により、グローバル...

ニュースレター一覧

会社案内

会社理念

  • 国際社会で活躍する人材を多く養成、輩出する
  • 新時代に対応した教育を創造、提供する
  • グローバル教育の最新情報を常に発信する
会社理念

会社沿革

ワールドクリエィティブエデュケーションは創業以来、アジアを拠点に子供たち一人ひとりのゴールに向けて、新しい教育を創造、発信、提供しつづけています。
 
1990年6月 オービットアカデミックセンター 香港にて創業
1996年1月 オービットアカデミックセンター シンガポール校開校
1998年7月 海外スタディツアー、アカデミック英語コース紹介開始
1999年7月 オーストラリアの州立大学募集広報業務に着手
2000年3月 海外教育プランナー ワールドスクエア設立
シンガポールにグループ本部事務所開設
2004年3月 海外大学進学サポート開始。「国際併願」を提唱する
2004年3月 私立中学高校の国際カリキュラム導入企画開始
2007年9月 大学の正規留学生募集広報支援業務を開始
2012年3月 国際教育ハブ シンガポールに一極集中する
2017年9月 ワールドクリエイティブエデュケーショングループ傘下のワールドスクエアをリフォームし、最新の国際教育情報の発信に集約、コンサルティング事業に特化する
会社沿革

会社概要

会社名

World Creative Education Private Limited

最高経営責任者 Chief Executive Officer 後藤敏夫
本部所在地 51 Cuppage Road #07-12 Singapore 229469
グループ創業 1990年6月
事業内容
  • 海外子女専門進学塾
  • グローバル教育コンサルティング
主要取引先
  • 株式会社日能研
  • SAPIX中学部
  • 代々木ゼミナール
  • 教育開発出版株式会社、他