グローバル教育コラム

HOME > グローバル教育コラム一覧 > 2018年06月の記事

2018年06月の記事 | 一覧

外国籍教職員比率が低い日本の大学  ローカル型大学(=L型大学)から、グローバル型大学(=G型大学)へテイクオフするもう一つの重要な目安は外国人教員比率です。優秀な外国人教職員が多数雇用していると、海外の大学の教職員との・・・

» 続きを読む

国際学生比率の高さが大学の国際的知名度とランキングを上げる。  最終的には、【国際学生比率】の高さが大学のG型度を上げることに直結し、キャンパスのグローバル化を大きく推進、大学の国際的知名度を向上させます。アジアベスト1・・・

» 続きを読む

国際化指標は、今後の大学の評価を大きく左右する  研究のインパクトの指標【各論文の被引用数】と同様、【外国籍国際教員比率】【国際学生比率】【外部からの交換留学生】【内部からの交換留学生】4項目の大学の国際化指標は、極めて・・・

» 続きを読む

他の項目の評価を大きく上げる【各論文の被引用数】  アカデッミック・リサーチの強さは、世界的な大学の評価に最も大きく影響します。特に研究・論文のインパクトを測る直接の尺度として【各論文の被引用数(評価比重10%)】は特に・・・

» 続きを読む

 アジアにおいてナショナルブランドを回復するために、日本の大学が、QSアジア大学ランキングで再びベスト10入りを果たすことは可能でしょうか。  この大学ランキングは、4つの大項目、10の詳細項目について一定の基準に従って・・・

» 続きを読む

ページトップへ