グローバル教育コラム

アーカイブ 2012年の記事 | 一覧

「学ぶ力」と「PISA型学習力」 従来、学力が高いといえば、体系化した知識や解法をたくさん知っていることを意味しました。図書館に足を運んで調べなければならなかった時代には【知識の量=学んだ力の高さ】が重要でした。しかし、・・・

» 続きを読む

日本の大学の国際化が中学高校教育を変える 本誌でも既に述べてきましたが、世界大学ランキングが低下している東大の危機感はかなり大きいようです。このランキングの低下の背景のひとつは、学部生の国際性、国籍の多様性(Divers・・・

» 続きを読む

2012.11.10 国際的な基準からかけ離れた従来の受験英語 中学校から10年間も英語を学習しているのに日本人が英語ができないのは「受験英語があるからだ」といわれています。これまで多くの大学入試の英語の試験では、細かな・・・

» 続きを読む

2012.10.10 「共通語としての英語」⇒「英会話重視、文法軽視」という誤解 日本人学校生、インター校生にかかわらず、英語が最重要科目のひとつであり、受験科目としての英語から、世界共通語としての英語に重点が急激に変化・・・

» 続きを読む

2012.09.10 求められる英語力の変化と学校評価 グローバル人材(英語を中心とした外国語が流暢に操れ、多民族の中での対応力のある人材)のことがマスコミの話題にならない日はありません。今後人口減少・超高齢化、GDPの・・・

» 続きを読む

2012.09.10 求められる英語力の変化と学校評価 グローバル人材(英語を中心とした外国語が流暢に操れ、多民族の中での対応力のある人材)のことがマスコミの話題にならない日はありません。今後人口減少・超高齢化、GDPの・・・

» 続きを読む

ページトップへ