グローバル教育コラム

アーカイブ 2011年の記事 | 一覧

  社会の変化に対応しきれていない日本の大学 厳しい受験勉強を乗り越えて、せっかく難関大学といわれる大学に入学しても、2年もすればすぐに厳しい就職戦線が待っています。一時代前と異なり、難関大学入学が必ずしも安定・・・

» 続きを読む

就職市場の激変…偏差値の高い大学卒が就職に有利とは限らない。 海外大学進学者が最近増えたとは言え、多くの学生は日本の大学を目指します。高校生の大部分は偏差値によって大学の格をはかり、少しでも格の高い大学に合格しようとしま・・・

» 続きを読む

入試が変わる…入学時の学力ではなく入学後の意欲と成績が勝負 グローバリゼーションの大波が押し寄せて、時代が大きく変わるにつれて、大学の入学基準も大きく変わってきています。 大手予備校の幹部K氏が語ります。「あと10年もす・・・

» 続きを読む

 アジアの周辺国の英語力がぐんぐんあがっている グローバリゼーションという潮流の中で、各国とも学生の英語力をあげようと躍起になっています。特に成長地域といわれるアジアではその傾向が強く、英語が使える人口が急増、英語はすっ・・・

» 続きを読む

 東京大学が9月入学を検討 本年7月初旬、東京大学がついに『入学時期を一律9月にすることを検討する』ことと、『英語で教えるインターナショナルプログラム(国際環境学・国際日本研究の2コース)を2012年10月に開講する』こ・・・

» 続きを読む

ページトップへ