グローバル教育コラム

HOME > グローバル教育コラム

グローバル教育コラム | 一覧

 アメリカ、イギリスを発信源としたグローバリズムは一息つき、一転して、大国のなり振り構わぬ『自国第一主義』と『ナショナリズム』が世界各地で猛威を振るい始めています。これに伴い、高等教育を取り巻く環境も急速に変化しています・・・

» 続きを読む

◎合格点は80~85点以上!?  TOEFLは英語を母語にしない学生対象のアカデミック英語の運用力を計る4技能テストですが、英語圏上位大学の英語運用能力受け入れ基準は概ね下記のスコアです。 ① 英語圏上位大学の学士課程の・・・

» 続きを読む

アジア最低レベルの日本の英語運用力は改善できるのか?  表2【TOEFL 項目別世界ランキング(2016)アジア編】のデータを見ると、日本は世界146位(アジア28位)、アジア最低レベルの英語運用能力ということが一目瞭然・・・

» 続きを読む

 毎年6月にETSは、世界で最も認知度の高いアカデミック英語4技能テストの一つTOEFLの結果を発表します。(読む・聞く・話す・書く4技能30点×4=120点満点で行われるCBT方式のテストです。) 最新の2016年版世・・・

» 続きを読む

 基礎学力(学習スキル・資質・能力)に関する国際競争が激化していますが、第四の指標―グローバルコンピテンシーの中で、特に、国際共通語としての英語、特に、アカデミック英語の運用能力向上が各国で大きな課題になっています。日常・・・

» 続きを読む

「グローバルコンピテンシー」に関するアンケートの内容例 下記のアンケート項目を見ると、海外でインター校在学歴が長い生徒でもどきっとするような質問が含まれています。 Q1 普段読んでいるのは何カ国語ですか。(次のうち1つを・・・

» 続きを読む

ページトップへ